iPhone 8はワイヤレス充電対応で価格がだいぶ高くなる予想!!

スポンサーリンク




クオ氏は、ワイヤレス充電がスマートフォンの内部温度を上昇させるため、OLEDディスプレイとガラスケース付き

の噂のiPhone 8には、過熱によりデバイスが誤動作するのを防ぐために「追加のグラファイトシートラミネーション」

を備えた新しい3Dタッチモジュールがあると期待している。MacRumors

によって得られた郭の研究ノートからの抜粋:

一般ユーザーには何の違いも気づかないと思われますが、より良い熱制御と安定した動作のためには、
グラファイトシートを追加する必要があります。これはFPCBがOLED iPhoneの3Dタッチセンサーの温度変化に対してより敏感なフィルムに置き換えられているためです。

新しい3Dタッチモジュールは、Appleが携帯電話を調達するのに最高5ドルもかかることがあります。これは最小限の増加だが、ハイエンドのiPhone 8は、大幅な再設計とプレミアム部品の使用により、米国で1,000ドル以上の費用がかかると主張する報告書にさらに信憑性を与えている。

Kuoはこれまで、Appleがワイヤレス充電をサポートするために、より多くの反復型の4.7インチiPhone 7と5.5インチiPhone 7s Plusを含む、来年のiPhoneの全ラインナップのために全ガラスケースに切り替えると述べた。無線充電が長距離または誘導技術に基づいているかどうかは不明なままです。

画像はConceptsiPhoneを使った iPhoneのコンセプトイメージ

スポンサーリンク